転勤でマンションを売却問題点は?

 

「仕事の都合で、急遽転勤が決まった」

 

とあなたはマンションを売りに出す予定かと思われます。

 

ここで、2つの問題が発生します。

 

ローン残債

 

「住宅ローンが残っていると、マンションを売却できないのでは?」

 

と思われがちですが、自己資金の売却金額 > ローン
になれば、抵当権を抹消できるため、売ることができます。

 

ただ、出張など、急に決まった場合は、多額のローンが残っている可能性があります。

 

そのため、新居への住み替えローンという手もあります。

 

不動産屋さん選び

 

結論から言うと、業者選びをミスすると、100万円単位で損をする恐れがあります!

 

@適当に1社選んで仲介の依頼をする

A売却活動が鈍い、担当者との意思疎通がうまくいかない

B買主さんが見つからない

 

※または見つかっても、交渉力がなく、安い値段で売却してしまう

C時間だけが経過する

Dマンションの価値がどんどん下がる

 

また、引っ越し後、マンションが売れずに二重ローン・・・
なんてこともないとは言えません。

 

※実際に前の住居が売れずに、悩む売主さんはたくさんいます。

 

即!行動がおすすめです

 

売却活動は一般的に平均6か月(※)はかかります。

 

※物件によっては1年以上も

 

そのため、どうしようかな?と考えているうちに、マンションの価値が下がり、売りづらくなる恐れがあります。

 

まずは、不動産業者へマンションの査定依頼を・・・
となりますが、複数業者の中から、信頼できる業者を合理的に選びましょう。

 

  • 会社の実績
  • 担当者のコミュニケーション力
  • 人間性
  • 提案力
  • あなたが好きなタイプかどうか

 

など、数社を比較して、判断することがベストです。

 

不動産の一括査定なら60秒!

 

「でも、あちこち連絡するなんて、面倒だよね?」

 

そうした悩みを1分で解決する方法が一括査定サイトです。

 

複数業者に60秒入力で一括査定依頼

 

複数の業者に一括してマンションの査定依頼することで、
競争原理を発生させます。

 

完全無料

 

相性の良い担当者も、一括査定!

 

ライバル同士競争してもらい、あなたにピッタリの”担当者さん”も見つけることができます。

 

買主探しを一緒に手伝ってくれるパートナーさんですから、複数比較しましょう♪

 

※担当者、次第で運命が決まります。

 

 

イエイ

 

不動産売却一括査定「イエイ不動産売却査定」

 

【特徴】

 

  • スマホorPCで60状かんたん入力
  • 無料で利用できる
  • 1000社以上た厳選された最大6社
  • 悪徳業者を排除!
  • お断り連絡も代行もOK!

 

 

【公式】→https://sell.yeay.jp/

 

 

不動産売買Q&A

マンション売買の疑問

 

オンライン一括査定メリット・デメリットは?

 

マンション売却をするときは、オンライン一括査定で仲介業者を決めるのがベストと言われています。

 

オンライン一括査定を利用するメリットは、複数の仲介業者から一括で見積もりをとれることです。

 

一つ一つの仲介業者に連絡し見積もりをとると時間がかかりますが、オンライン一括査定なら数分で終わります。
最も高額でマンション売却できる仲介業者を、簡単に見つけられるのは大きなメリットです。

 

また、同時に見積もりをとることによって、査定額以外の比較もしやすくなります。

 

マンション売却では、査定額だけでなく仲介業者との相性なども大切なので、信頼のできる業者を見つけやすいのもメリットと言えるでしょう。

 

 

マンション売却でオンライン一括査定を利用するデメリットは、営業の連絡が増えることです。

 

登録した電話番号やメールに、オンライン一括査定の利用直後から営業の連絡がくるようになり、契約を迫られるようになります。

 

また、オンライン一括査定の利用では様々な個人情報を登録するので、情報流出のリスクが増えるのもデメリットです。

 

マンション売却では、オンライン一括査定を利用するのがベストです。

 

しかし、メリットと同時にデメリットがあることも、利用前に知っておきましょう。

 

必要な書類一覧を解説!

 

マンション査定はこれからマンションを売却するにあたり、所有物件の価値を知る目的で行うものです。

 

マンション査定を依頼する事で、販売価格をどのくらいにするのが良いのか売り主側が決める事が出来るようになります。

 

ネットを利用した机上査定の場合には、最低限の情報だけで査定が進められるので、訪問査定を依頼し、マンションの状態等を加味した金額を導き出して貰います。

 

訪問査定によるマンション査定時の必要な書類は間取り図や本人確認書類など最低限の書類を用意しておけば構いません。

 

マンションを売却するためには、不動産会社に仲介を依頼する方法や直接買い取りして貰う方法があります。

 

仲介を依頼する場合には媒介契約を結び、販売活動を行う事になるわけですが、
この時に必要な書類はマンションの所有権が売り主にある事を証明する登記識別情報や登記済権利書、ローン返済予定表やローン残高証明書、マンションの維持費等の書類などが必要になります。

 

尚、必要な書類は最初から用意しておけばスムーズにマンション査定から販売活動に移行する事が出来ますが、
実印の印鑑証明書以外の書類はマンションを購入した際に、1つのファイルに収められているので、それを用意しておけば良いでしょう。

 

 

専属専任媒介(専任媒介)と一般媒介の違い

 

不動産売却をする際に不動産会社と媒介契約を結びますが、専属専任媒介と一般媒介があります。

 

おおまかではありますが違いを説明していきます。

 

まず、専属専任媒介とは仲介を1社のみに依頼する契約です。

 

媒介契約の有効期間は3ヶ月で契約中は他の不動産会社と契約をすることが出来ません。

 

不動産会社から1週間に1回以上業務状況の報告を受けることが出来ます。1社しか依頼できず拘束性がありますが、
依頼した不動産会社に売却処理全般を依頼するものなので、他の媒介契約に比べ、より親密で丁寧な依頼を望めるでしょう。

 

一般媒介は専属専任媒介とは逆で、1社に限定することなく何社でも不動産会社へ契約を依頼することができます。

 

多くの不動産会社からの情報を得られるため、幅広い情報の中から買い手を探すこともできます。

 

また不動産会社と複数契約を結ぶことによって不動産会社間でライバル意識が芽生え、早期契約に結び付く可能性もあるでしょう。

 

しかし、たくさんの情報を得られる反面、各不動産会社からの情報を自分自身で管理しなくてはいけなくなる恐れもあるため、
情報の管理や各不動産会社とのやり取りが大変かもしれません。

 

以上が専属専任媒介と一般媒介の特徴です。

 

 

住宅ローン返済中だと、家は売却できる? できない?

 

住宅ローンの返済中の場合には、家を売却できないと考えている人が多いものですが、実際には売却できることも少なくありません。

 

これは任意売却と言う方法で、債権者である金融機関やローン会社の許可を得ることができれば、売却できる可能性があるのです。

 

 

一般的に住宅ローンを利用している場合には、その住宅に対して抵当権と言うものがかけられており、
この抵当権がある限りは所有者の判断だけで住宅を売る事は難しいものです。

 

抵当権を持っている金融機関やローン外車が売却に反対すると売却ができない可能性が高い上、

 

抵当権が付いている住宅については基本的には買い手がつかないことが多いため、実際に売りに出してもなかなか売れないと言う実態が起こります。

 

そのため、住宅ローンの支払いに困窮し、住宅を売って整理をしようとしてもなかなかうまくいかないのが実態です。

 

 

しかし、任意売却を行う場合には抵当権を持っている債権者と仲介業者が相談し一時的に抵当権を解除して売りに出すことができるため、
住宅ローンが支払えずに競売にかけられる場合よりも高額で処分することができ、住宅ローンの返済の外引っ越し代等に充当できる可能性があるため非常に有効な方法として注目されています。